HOME ≫ タングステンにおけるタップ加工のポイント

タングステン

タングステンにおける加工条件設定のポイント

加工におけるポイント

 純金属タングステンは切削作業が極めて困難です。
工具材料として、ダイヤモンド焼結体は不適でCBN焼結体が適する傾向の切削データが一般的です。
なお工具材種K10 の場合、切削速度は旋削加工でvc=10~25m/minが推奨されます。

 タングステン系高融点合金は前頁の表を見られるように、種類が多く、切削加工の用途類も多岐にわたっていますが、切削速度の目安は
Ge-218,W-15 Mo,W-5 Re,W-25 Rem W-s5 Re-30Moでv=60~90m/min程度、
Anvilloyシリーズでv=60~90m/min程度、
Gyromet,Mallory2000、W-10Ag,W-7Ni-4 Cuでv=40~60m/min 程度が目安です。

タングステンにはダイヤモンド焼結体の工具は使えない。一般的な切削データからは、 CBN焼結体が適しているので、CBN焼結体を用いることを切削条件設定の出発点とする。

タングステン

加工技術ニュース

購読のお申込はこちらから

  • 加工コストダウン.com
  • チタン加工の技術情報専門サイト チタン加工.com
  • 部品加工通販の専門サイト e-部品加工.com
  • The Digital M@chine Shop
  • 木村製作所 私たちの特徴
  • お問い合わせ

同業他社リンク

  • 製缶・製缶板金における設計段階からのコストダウンを実現する技術サイト。
  • コストダウン設備メンテ.com 24時間365日修理駆付けサービスを展開中
  • 機械技術設計者の為の技術専門サイト ホッパー設計.com
  • 機械技術者のためのステンレスタンク設計情報サイト ステンレスタンク.COM
  • 精密加工.com 精密加工・精密部品設計におけるコストダウン技術情報サイト