HOME ≫ タングステンにおけるチッピング防止のポイント

タングステン

タングステンにおけるチッピング防止のポイント

タングステンの表面は滑りやすいので加工には注意が必要です。
一般的な材料の場合はクーラントを掛けることでチッピングを防止します。

タングステンの場合はクーラントを掛けずにドライ加工を行うほうが、チッピングの防止に効果があります。
ただし、面粗度を上げるためには、クーラントを欠けた方がベターですので、荒加工はkドライ加工、仕上げ加工は取りしろを最大にしてクーラント加工を行うことが効率的です。

タングステンの荒加工にはドライ加工、仕上げ加工は クーラント加工を用いることでチッピングの防止ができる。

タングステン

加工技術ニュース

購読のお申込はこちらから

  • 加工コストダウン.com
  • チタン加工の技術情報専門サイト チタン加工.com
  • 部品加工通販の専門サイト e-部品加工.com
  • The Digital M@chine Shop
  • 木村製作所 私たちの特徴
  • お問い合わせ

同業他社リンク

  • 製缶・製缶板金における設計段階からのコストダウンを実現する技術サイト。
  • コストダウン設備メンテ.com 24時間365日修理駆付けサービスを展開中
  • 機械技術設計者の為の技術専門サイト ホッパー設計.com
  • 機械技術者のためのステンレスタンク設計情報サイト ステンレスタンク.COM
  • 精密加工.com 精密加工・精密部品設計におけるコストダウン技術情報サイト