HOME ≫ タングステンにおける旋盤加工のポイント

タングステン

タングステンにおける旋盤加工のポイント

タングステン素材で旋盤加工を行う場合、超硬度のチップを用いていると、面粗度が荒くなってしまいます。
その理由は、チップの先端形状のすくい角が緩いためです。

サーメットのチップを用いると、すくい角が大きくなり、面粗度を上げることができます。

タングステンの旋盤加工では、チップ素材の選び方で面粗度の向上が図れる。

タングステン

加工技術ニュース

購読のお申込はこちらから

  • 加工コストダウン.com
  • チタン加工の技術情報専門サイト チタン加工.com
  • 部品加工通販の専門サイト e-部品加工.com
  • The Digital M@chine Shop
  • 木村製作所 私たちの特徴
  • お問い合わせ

同業他社リンク

  • 製缶・製缶板金における設計段階からのコストダウンを実現する技術サイト。
  • コストダウン設備メンテ.com 24時間365日修理駆付けサービスを展開中
  • 機械技術設計者の為の技術専門サイト ホッパー設計.com
  • 機械技術者のためのステンレスタンク設計情報サイト ステンレスタンク.COM
  • 精密加工.com 精密加工・精密部品設計におけるコストダウン技術情報サイト