HOME ≫ モリブデンの特性

モリブデン

モリブデンの特性

材料特性

 モリブデンは天然では、二酸化モリブデンとして存在し、見かけは黒鉛とほぼ同じ鉱物です。
モリブデン純金属の融点は2610℃で、タングステン、タンタルについで高くなっています。展性、延性に優れて鍛造や圧延も可能な金属です。
単体金属としてのモリブデンには用途があまりありませんが、その特性から、耐熱性や対称性に富む特殊鋼や特殊合金の添加金属として多用されています。
金属材料としてだけでなく、石油脱硫触媒、防錆顔料、固体潤滑剤として用いられたり、半硬質磁性材料、耐熱セラミックス材料にも用いられ、非常に用途が幅ひろい金属のひとつです。
工具材料としてタングステン系合金よりも粘りが強いため、靭性を要する各種の切削工具、打ち抜き用パンチ、ダイに用いられています。

モリブデン

加工技術ニュース

購読のお申込はこちらから

  • 加工コストダウン.com
  • チタン加工の技術情報専門サイト チタン加工.com
  • 部品加工通販の専門サイト e-部品加工.com
  • The Digital M@chine Shop
  • 木村製作所 私たちの特徴
  • お問い合わせ

同業他社リンク

  • 製缶・製缶板金における設計段階からのコストダウンを実現する技術サイト。
  • コストダウン設備メンテ.com 24時間365日修理駆付けサービスを展開中
  • 機械技術設計者の為の技術専門サイト ホッパー設計.com
  • 機械技術者のためのステンレスタンク設計情報サイト ステンレスタンク.COM
  • 精密加工.com 精密加工・精密部品設計におけるコストダウン技術情報サイト