HOME ≫ ハイス鋼の特性

ハイス鋼(HSS)

ハイス鋼の特性

材料特性

 ハイス鋼(高速度鋼工具鋼)は、超硬合金、サーメット、コーテッド超硬合金といった硬質焼結工具と並んで、主要な工具材料のひとつです。
ハイス鋼は本来、高速切削を可能にするために開発された工具材料であり、ハイス鋼の切削加工は、工具材料で工具材料を切削することになります。したがって、炭素工具や合金工具鋼に比べると、ハイス鋼の切削は一段と難しいものになります。
ハイス鋼はCO,W,MO,Crといった他の工具材料と同質の金属を用いているため、たとえ超硬合金で切削する場合でも、工具への溶着や切削熱の上昇に起因する切れ刃救い面の拡張磨耗が進行しやすくなっており、切削には注意が必要です。

加工上でのポイント

 切削速度を高めに設定して切削する場合には、PVD法のコーテッド超硬合金工具が適しています。コーテッド層が、ハイス鋼と超硬合金工具との親和性を遮断し、溶着現象を防いでくれます。しかし、工具磨耗によるコーテッド層の減失すると工具磨耗が急速に進むので、工具の常態には気を配ることが重要です。

ハイス鋼(HSS)

加工技術ニュース

購読のお申込はこちらから

  • 加工コストダウン.com
  • チタン加工の技術情報専門サイト チタン加工.com
  • 部品加工通販の専門サイト e-部品加工.com
  • The Digital M@chine Shop
  • 木村製作所 私たちの特徴
  • お問い合わせ

同業他社リンク

  • 製缶・製缶板金における設計段階からのコストダウンを実現する技術サイト。
  • コストダウン設備メンテ.com 24時間365日修理駆付けサービスを展開中
  • 機械技術設計者の為の技術専門サイト ホッパー設計.com
  • 機械技術者のためのステンレスタンク設計情報サイト ステンレスタンク.COM
  • 精密加工.com 精密加工・精密部品設計におけるコストダウン技術情報サイト