HOME ≫ 難削材における加工の難易度

6.難削材における加工の難易度

難削材における加工の難易度

 加工材料の、材質ごとの加工難易度は上図ピラミッドに基づきます。 ピラミッドの縦軸方向は、材料の削りにくさを、ピラミッドの横方向は、現場で適用可能な切削条件・工具寿命を示しています。
 材料の被削性だけでなく、実際の現場での切削条件をどの程度まで上げられるかを事前に把握することが加工工数を見積る上でポイントになります。  
例えば、被削性の割に、想定した加工速度で進められず、予想以上に工数(コスト)がかかってしまうことも実際にあるので注意が必要です。  
またグラファイトのように加工機を著しく傷める材質やマグネシウムのように発火の恐れがある材質、さらにアルミニウムやチタンなど粉塵爆発を起こす恐れのある材質もあるので注意が必要です。

本サイトの説明

加工技術ニュース

購読のお申込はこちらから

  • 加工コストダウン.com
  • チタン加工の技術情報専門サイト チタン加工.com
  • 部品加工通販の専門サイト e-部品加工.com
  • The Digital M@chine Shop
  • 木村製作所 私たちの特徴
  • お問い合わせ

同業他社リンク

  • 製缶・製缶板金における設計段階からのコストダウンを実現する技術サイト。
  • コストダウン設備メンテ.com 24時間365日修理駆付けサービスを展開中
  • 機械技術設計者の為の技術専門サイト ホッパー設計.com
  • 機械技術者のためのステンレスタンク設計情報サイト ステンレスタンク.COM
  • 精密加工.com 精密加工・精密部品設計におけるコストダウン技術情報サイト