HOME ≫ 難削材の評価基準

3.難削材の評価基準

被削性指数による評価

 工作物の切削のしにくさを定量的に示す指標に、被削性指数率があります。この指数は硫黄快削(AISI‐B1112)鋼を削り、一定の工具寿命に対する切削速度を100として、比較する工作物材料の同一工具寿命に対する切削速度を百分率で表すものです。

 表1は代表的な工作物の被削性率です。快削鋼を100とすれば、マルテンサイト系のステンレス鋼は55~40、チタニウムは30~20、インコネルXは15~6となります。

被削材 M.R. 被削材 M.R.
快削鋼(AISIB1112) 100% ステンレス鋼(オースティナイト系) 50~40
銅合金 100~70 Ni合金 50~20
85~70 鋼チタニウム 27~20
65~50


Fe基 A-286
インコロイ901
60~50
錬 鉄 50 Ni基 インコネルX
インコネル713C
15~6
鋳 鉄 50
ステンレス鋼 フェライト系 55~40 Co基 L605
ステライト21
10~6
マルテンサイト系

本サイトの説明

加工技術ニュース

購読のお申込はこちらから

  • 加工コストダウン.com
  • チタン加工の技術情報専門サイト チタン加工.com
  • 部品加工通販の専門サイト e-部品加工.com
  • The Digital M@chine Shop
  • 木村製作所 私たちの特徴
  • お問い合わせ

同業他社リンク

  • 製缶・製缶板金における設計段階からのコストダウンを実現する技術サイト。
  • コストダウン設備メンテ.com 24時間365日修理駆付けサービスを展開中
  • 機械技術設計者の為の技術専門サイト ホッパー設計.com
  • 機械技術者のためのステンレスタンク設計情報サイト ステンレスタンク.COM
  • 精密加工.com 精密加工・精密部品設計におけるコストダウン技術情報サイト